スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ピンク・レディー「振り付け」パブリシティー権主張

 昭和50年代に一世を風靡した元ピンク・レディー未唯(49)と増田恵子(50)が、女性週刊誌「女性自身」の2月27日号に掲載された過去のステージ写真をめぐり、「振り付けにもパブリシティー権がある」として、出版元の光文社に計312万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしていることが7日、分かった。

 歌手が振り付けにもパブリシティー権を主張するのは初めてとみられる。光文社側は、1日の第1回弁論で「振り付けの権利は振付師に帰属し、歌手の権利ではない」と真っ向から争う姿勢を示している。

スポンサーサイト

2007年10月09日 INDEX トラックバック:0 コメント:0

<< 2007/10/10 サンスポ | Newsエンタメ/デジタルTOP | リア・ディゾン「豪華なパーティーをやりましょう」 >>



Google












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。