スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

“エリカ様”あの舞台あいさつでキレた本当のワケ

 「別に…」「特にないです…」。お笑い芸人がギャグに使うほど浸透している女優、沢尻エリカ(21)の主演映画での舞台あいさつ騒動。あの不機嫌の原因が、当日身につけていた“ヅラ”だったことが関係者の話で分かった。

 映画「クローズド・ノート」が公開された9月29日。東京・有楽町の日劇2で共演者とともに初日舞台あいさつに立った沢尻のファッションは異様だった。

 人気アニメ「はじめ人間ギャートルズ」に出てくるような右肩を露出したヒョウ柄の原始人風ルックに金髪のカツラ。そして、やはり人気アニメの「ど根性ガエル」に出てくる主人公ひろしのように大きなサングラスを頭頂部に引っかけたスタイル。よく見ると、カツラが目深に被った帽子のようにも見えた。

 このときの舞台裏の様子を、沢尻に近い関係者が初めて夕刊フジに明かした。

 「楽屋で用意されていたカツラを見た瞬間、沢尻がブチ切れたんです。彼女には専属のヘアメイク担当もいるんですが、最後はいつも自分で直してしまうほど、イメージ作りにはこだわりをもっている。この日も自分のセンスで衣装とカツラを指示したはずだった。それが、届いたカツラがどうにもイメージと合わず、一気にテンションが下がってしまったんです」

 舞台あいさつでは、同じ事務所に所属する司会の元フジテレビアナ、富永美樹(36)が、不機嫌な沢尻に対し、懸命に映画の良さを引き出そうと質問を投げかけたが「別に…」「特にないです…」など、帰ってきた言葉は3言だけ。後日、出演したワイドショーのインタビューで沢尻は「“私情”を持ち込んでしまった」と泣いて詫びたが、なんとも他愛ない原因だったのだ。

 そんな沢尻を擁護する声も少なからずある。

 「ファンを前にした舞台あいさつでの態度は謝ってすむものではないが、取材のたびに奇抜なファッションに着替えてくるのは彼女のサービス精神であり、プロ意識の表れ。今回はそのこだわりが裏目に出てしまった」(事務所関係者)

 沢尻は映画の初日を迎えるまで、新聞、雑誌、テレビの取材を100社以上こなした。早朝の取材もあり、熱心に応対していたという。だが、最後の最後にミソをつけた原因が“ヅラ”だったとは、あまりにお粗末すぎて、公表できないか。

スポンサーサイト

2007年10月10日 エンタメ トラックバック:0 コメント:0

<< 中国で初のキティショー…来年1月から3年間 | Newsエンタメ/デジタルTOP | 私と一緒に美術館いこ♪檀れいが“青いドレス”で美術館展PR >>



Google












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。