スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

紅白大改革!新設・特別ゲスト枠に永ちゃん初出場か!?

 12月31日放送の「第58回NHK紅白歌合戦」の概要が10日、同局から発表され、紅組白組に属さない“新枠”が設けられることが明らかになった。企画コーナーの特別ゲストとして、今年のテーマ「歌力、歌の絆」に沿ったパフォーマンスを行うというもの。その“新枠”の出演者に、矢沢永吉(58)をはじめ、放送中の「SONGS」の出演アーティストが急浮上している。





 「SONGS」(水曜後11・0)のこれまでの出演歌手は、いずれも、30~50代までの視聴者のど真ん中を突く人選。歌をじっくりと聴かせ、歌を通してその人物に迫る丁寧な作りが、高品質な音楽番組として人気だ。

 同番組のプロデューサーを務めるのが、今年の紅白プロデューサー、三溝(さみぞ)敬志氏(44)。昭和62年入局。これまで「夢・音楽館」「音楽・夢くらぶ」などを担当し、「音楽をきちんと聴かせる番組作りに定評がある」(NHK関係者)という。会見で同氏は「紅白は10代から80代の方々までまんべんなく見ていただいており、今のテレビでは貴重な番組。10代のヒットチューンを反映しながら、大人も楽しめる番組にしたい」と語った。

 この日発表された今年の番組テーマは「歌の力、歌の絆」。歌の力を見直し、魅力を味わえる番組を目指すというもの。「マンネリ化している部分を新鮮に」「対決方式を含め時代に即した紅白のあり方を見つめたい」(制作サイド)として、紅白組にとらわれない企画コーナーが立ち上がった。

 その肝となるのが、「SONGS」だ。三溝氏は「SONGSでつながった絆は大事にしていきたい」と発言。“SONGS組”の紅白出演をにおわせた。

 とくに注目なのが、過去何度も出演依頼を断ってきた矢沢。同番組に2週連続という好待遇で迎えられ、アーティスト性を大切にしたパフォーマンスを披露。かたくなな態度も軟化しているという。矢沢同様、実現すれば紅白初出場となる佐野元春(51)や今年再結成した女性デュオ、あみんら、話題性があり、かつ歌唱力のあるアーティストがそろっている。

 永ちゃんの紅白初出場はなるのか…。NHK、三溝氏と矢沢との間の“絆”がどれほどの強さかも、注目を集めることになりそうだ。


★コンセプトは「歌力」

 再来年、60回の節目を迎える紅白。今年から3年間の共通コンセプトを「歌力(うたぢから)」に決定した。“還暦記念”の内容は未定だが、三溝氏は「対決では語れない部分も出てきている」と半世紀以上続く対決スタイルを廃する大改革の可能性も示唆した。また、今年の放送時間は、午後7時20分~9時25分、ニュース5分をはさみ、同9時30分~11時45分までの計4時間20分。視聴者参加として、12月18日にクイズ番組「紅白検定」(後8・0予定)を放送する。


OZMAは白紙

 昨年の紅白で全裸のボディースーツによるパフォーマンスが物議を醸した歌手、DJ OZMAの出演について、制作側は「白紙の状態。まだ何も決まっていない」とした。ある関係者は「さまざまな迷惑を被った制作スタッフも、批判にさらされた幹部も決して納得しないだろう」と出演は時期尚早とみる。

スポンサーサイト

2007年10月11日 エンタメ トラックバック:0 コメント:0

<< 小泉今日子、新作映画の役は好きな漫画家・大島弓子さん | Newsエンタメ/デジタルTOP | 2007/10/11 サンスポ芸能 >>



Google












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。