スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

“最低最悪ファミリー”亀田家、反則指示してた!

 最悪で醜悪な世界戦だった。もはやボクシングとはいえないシロモノだった。それでも「国民の期待」に応えた33歳の老チャンプ内藤大助(宮田)は冷静に、18歳の勘違いの挑戦者、亀田大毅(協栄)を大差の判定で退けた。頭突き、ヒジ打ち、タックル…。テレビ中継は反則のオンパレードの大毅に兄が「ヒジでエエから目に入れろ」と指示を与えるシーンまで映し出した。TBSへは抗議が殺到。日本ボクシングコミッション(JBC)も厳しい処分を検討する構え。亀田の名は、日本ボクシング史に「汚点」として刻まれることになりそうだ。

 あまりに惨めな敗戦に勝者をたたえることもなく無言で会場を立ち去る亀田一家を追いかけた。

 「切腹はどこで?」

 父親の史郎氏(42)が険しい表情で振り向いたが、大毅は無言で口に含んでいたジュースをピューと外に飛ばし、車に乗り込んだ。その背中に会場の外で待ち受けたファンの「腹を切れ」の罵声が飛んだ。

 年長の王者を「ゴキブリ」とののしり、「負けたら腹を切る」と宣言して臨んだ世界戦。勝てば日本人として最年少王者に輝くはずだった。そのための無理やりのマッチメークでもあった。

 しかし、ひたすらガードを固めて頭をぶつけ、反則を連発するばかりの試合展開。怒った内藤がスリップした大毅の頭をこづいて減点されれば、勝ち目のなくなった大毅は最終ラウンドに内藤を担ぎ上げて投げ、極めて異例の3ポイント減点。元世界王者の名城信男氏は「最低!」と吐き捨て、日本ボクシング協会の原田政彦会長は「(大毅は)ボクシングをしていなかった」と酷評した。JBCの関係者は「失格負けにすべきだった」と憤った。

 TBSの生中継は、さらに信じがたいセコンドの言葉を拾っていた。挽回の余地もなくなった11Rの開始前、赤コーナーに座る大毅の耳元に史郎氏が口を近づけ、「勝てへんで、分かってるな。※□〇×」とささやく。その直後に元世界王者の兄、興毅(20)が「ヒジでエエから目に入れろ」と声をかけた。その音声が全国に届いたのだ。

 試合後、内藤は「大毅は反則が多かった。太股を叩かれたり、サミング(目つぶし)までされた。最後までレフェリーが気づかないほど反則がうまかった」と語ったが、それらが亀田陣営の明確な意志の下に行われていたことが証明されたのだ。

 これを知ったJBCの関係者は「大毅のライセンスの剥奪や興毅や史郎氏の処分も検討しないといけないだろう」と話した。

 会場の有明コロシアムは7割ほどの観客の入りだったが、その大半が内藤の勝利を期待していた。試合前から亀田へのブーイングが渦巻き、内藤への声援が圧倒していた。一種異様な雰囲気でさえあった。

 内藤のいう通り、それは「国民の期待」とさえ言えた。礼儀知らずの言動は試合を盛り上げるための方便でもあったのだろうが、あまりにも度が過ぎた。なによりも技術が、実力がその虚像についてこれなかった。

 亀田陣営を応援し続けてきた女子プロレスラーのジャガー横田氏は会場で「亀田を応援しているからだけど、大毅はこの辺で一度負けたほうが良かった。負けたところから本当の自分も分かるから」と話した。

 だが、セコンドの反則指示まで明らかになり、亀田ブランドは地に墜ちた。亀田家に「次」があるかどうかも分からない。会場では「興毅の内藤へのリベンジマッチが見たい」という声も聞かれたが、もうたくさんではないか。

亀田戦でTBSへ抗議殺到…昨年の5万5千件超えるか

 最悪で醜悪な世界戦だった亀田の試合終了後、TBSへは抗議の電話が殺到した。昨年夏の興毅-ランダエタ戦後には5万5000件以上の抗議が殺到したが、昨夜も深夜12時すぎまでTBSへの電話は繋がりにくい状況が続いた。局の関係者は「昨年8月と同じくらいの勢い」と語った。




大毅、兄には届かず…世界戦瞬間最高37.5%

 “国民の期待”に応えた11日のプロボクシング中継「WBC世界フライ級タイトルマッチ 内藤大助×亀田大毅」(TBS系、午後6時55分)は、平均視聴率28.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)の高い数字をマークしたことが12日分かった。瞬間最高視聴率は、午後8時47分と48分の37.5%で、内藤の判定勝ちが判明したシーンだった。

 亀田兄弟の試合を中継した過去の視聴率では、兄・興毅が世界奪取を果たしたファン・ランダエタ戦が瞬間最高52.9%をマーク。平均は42.4%で、プロボクシングの番組では歴代2位の記録だった。その後は亀田ブランドの失墜とともに中継の数字も下降線。今年7月28日のノンタイトルマッチ「亀田興毅×セサール・ロペス」戦(TBS系)も平均16.5%と、かつての勢いからすれば、さびしい結果に終わっていた。




アントニオ猪木、亀田は「悪役ならもっと徹底的に…」

 アントニオ猪木は亀田戦に関して「違う業界だから多くは話せない」と断ったうえで、「まだキャラができていない。悪役だったら、もっと徹底的に悪役になった方がいい」と語った。




亀田、聖地のリングにツバ? 観客「それが悲しい」

 日本中が注目したWBC世界フライ級戦。有明コロシアムの入場口で、観客取材をしていると、大学の同学年で、ボクシング部の主将だったAと偶然、出会いました。私も(史上最弱レベルながら)部に所属しており、なつかしさで少々、仕事を忘れ、昔話や近況報告に興じてしまいました。

 大学4年のころ、Aはボクシングの聖地、後楽園ホールでトーナメント戦の決勝を戦いました。自分よりも経験豊富で、強い相手に勝つために拳の形が変わるまでサンドバッグをたたき、雨の日も厳しいロードワークをこなし、苦しい減量を経てリングへ。試合でも死力を尽くし、僅差で判定勝利を収めました。

 大毅内藤戦の直後、Aに電話で感想を聞くと、「大毅」の名前を使わず小声で言いました。

 「彼は試合終了後、リングにツバをはいたように見えた。試合内容よりも、それが悲しくて仕方なかったなぁ」

スポンサーサイト

2007年10月12日 エンタメ トラックバック:0 コメント:0

<< 宮沢りえ、幼い頃の“恥辱体験”明かす…映画完成会見 | Newsエンタメ/デジタルTOP | 巨乳もくびれも撃破! リア・ディゾン強さの秘密 >>



Google












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。