スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

宮沢りえ、幼い頃の“恥辱体験”明かす…映画完成会見

 女優、宮沢りえ(34)が11日、東京・西新宿のパークハイアット東京で行われた主演映画「オリヲン座からの招待状」(三枝健起監督、11月3日公開)の完成報告会見で、映画館にまつわる珍エピソードを披露した。

 宮沢は記憶になく母親から聞いたと前置きし「3、4歳のころ、映画館へ『ピンクパンサー』を見に連れて行ってもらった時、『ダダ、ダダ』っていう音楽がかかるとスクリーン近くまで走っていき、ピンクパンサーと一緒に踊った。その時から人前で何かするのが好きだったのかナ」と照れ笑いで明かした。

 宮沢演じる名画座を経営する未亡人トヨと、亡くなった館主の弟子・留吉が半世紀にわたり、寄り添って生きる姿を描く物語。会見には留吉役の加瀬亮(32)らも出席した。

スポンサーサイト

2007年10月12日 エンタメ トラックバック:0 コメント:0

<< 斉藤尚美は「○○○大好き」…すらり肢体の小悪魔だ! | Newsエンタメ/デジタルTOP | “最低最悪ファミリー”亀田家、反則指示してた! >>



Google












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。