スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

「鉄道博物館」オープン!吉永小百合が鉄道の思い出語る

 「鉄道の日」の14日、女優の吉永小百合(62)が同日さいたま市大宮区にオープンした「鉄道博物館」のオープニングセレモニーに特別ゲストとして登場した。映画デビュー以来、撮影のため日本各地の鉄道に乗ったという小百合は、「鉄道は未来も大切にしていかなければならない乗り物」などと“鉄子”ばりに熱いあいさつをした。





 「鉄道マニアでなくても、鉄道には皆さんいろいろな思いがあると思います」。鉄子(鉄道ファンの女子)が急増するなど、何度目かのブーム再燃の兆しが見える鉄道。小百合にとって、それは出演してきた映画ときってもきれないもの。「映画の世界に入って以来、たくさんの列車や鉄道に乗って撮影をしてきました。懐かしい思い出がいっぱりあります」と振り返った。

 小百合はJR東日本の「大人の休日倶楽部」のイメージキャラクター。この日はその縁で、開場前のテープカットを行った。最近も同CM撮影のため、五能線の秋田~青森間に乗車したばかり。この間にある小泊村(現・北津軽郡中泊町)は、昭和42年の主演作「斜陽のおもかげ」(斎藤光正監督)のロケ地。「美しい日本海を見て当時のことを思い出した」という。

 女優になって初めてのロケの思い出も列車とともにあった。35年公開の「不敵に笑う男」(赤木圭一郎主演)は、当時通っていた学校の都合で、共演者からひとり遅れて現地に向かうことに。「上野駅から金沢までの列車は夜行列車。ひとりで、とても心細かったことを覚えています」。

 奇しくも、今月下旬クランクインする最新主演作「まぼろしの邪馬台国」(堤幸彦監督、来年冬公開)も鉄道に縁がある。長崎・島原鉄道の役員を務めた盲目の古代史研究家、宮崎康平氏を支えた妻、和子さんを演じる。

 次の映画では、どんな列車に乗って、どんな思い出が生まれるのか-。小百合もワクワクしている。


★徹夜組も!開館前に2000人

 オープン初日を迎えたこの日の鉄道博物館は、午前10時の開館前に徹夜組を含め約2000人が行列を作るなど大にぎわいとなり、午後1時ごろまでに親子連れや鉄道ファンら約9400人が詰めかけた。同館はこの時点で、混雑時の「危険を回避するため」として新たな入場を中止した。

 前日の13日午後5時から並んだという横浜市戸塚区の高校生、安東直輝さん(18)は「開館で自分のようなファンが増えれば、日本中の鉄道がもっと活気づく」と目を輝かせていた。

 延べ床面積約2万8000平方メートルの館内には「貴婦人」の愛称で親しまれたSL「C57」をはじめ横浜~新橋間を走った日本初のSLなど計36両を展示している。

 鉄道博物館は昨年閉館した交通博物館(東京)を引き継ぎ、JR発足20周年を記念して開設。JR東日本の関連団体「東日本鉄道文化財団」が運営する。

スポンサーサイト

2007年10月15日 エンタメ トラックバック:0 コメント:0

<< たまごっちに出るっち!皆藤愛子が映画版で声優に初挑戦! | Newsエンタメ/デジタルTOP | 2007/10/15 サンスポ >>



Google












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。