スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

亀田一家に厳罰!大毅は1年、史郎氏は無期限の資格停止

 厳罰だ! 日本ボクシングコミッション(JBC)は15日、都内で緊急倫理委員会を開き、11日のWBC(世界ボクシング評議会)世界フライ級タイトルマッチで反則行為を繰り返した「亀田3兄弟」の二男・大毅(18)=協栄=に、1年間の出場停止処分を科すことを決めた。父・史郎トレーナー(42)には無期限のセコンド資格停止処分、父とともに試合でセコンドについた長男・興毅(20)=協栄=は厳重戒告処分とされた。





 聖域のリングを汚した代償は、あまりに大きかった。愚行を重ねた大毅以下、亀田一家に厳罰が下された。

 この日、JBC倫理委員会が開かれ、亀田家の処分について協議がなされ、斉藤慎一委員長(社団法人日本経済研究協会専務理事)が処分を発表した。「世界選手権において、ボクシングを冒涜(ぼうとく)し、日本ボクシング界にダメージを与え、ファンの信頼を損なった」。

 二男・大毅 「ボクサーライセンスの1年間停止」

 父・史郎トレーナー 「セコンドライセンス無期限停止」

 長男・興毅 「厳重戒告処分」

 大毅は度重なる反則行為がとがめられ、史郎トレーナーは過去2度、セコンドとして不穏当な行動に対して「厳重注意」を受けていた経緯もあり、試合直前のレフェリーのルール説明時にみせた威嚇行為などが問題視された。

 11回の開始前には、史郎トレーナーが「玉打ってええから」と、興毅は「ひじでいいから目に入れろ」と大毅に反則行為を促した発言がテレビ中継の音声に残っていたことも処分の対象となり、今後、3人の息子に対して、ジムで指導することができなくなった。史郎トレーナーはこの日夜、「18歳の大毅にとって1年間はあまりにも長い」と不満を示すコメントを出した。

 倫理委員会は5人の関係者が集まり、当日のビデオを検証するなど2時間以上をかけて、3人の処分を検討。事務局長になって約1年半、実務を取り仕切る安河内剛事務局長は「反則行為は明白だった」として、亀田家3人への事情聴取を行わず、“問答無用”の処分となった。協栄ジム・金平桂一郎会長(41)は監督責任を問われ、実質的な損害はないが、オーナーライセンスの3カ月停止処分となった。

 大毅は初の世界挑戦で、12回に王者・内藤大助(33)=宮田=を抱え上げて2度投げ飛ばし異例の3点減点をされたほか、(1)ローブロー(2)ホールド(3)頭突き行為(4)レスリング行為(5)サミング(6)スリップダウン後の加撃-を犯している。

 JBCはこれまで、窃盗で逮捕されたボクサーが「3カ月」、詐欺などで逮捕されたボクサーが「6カ月」のライセンス停止、殺人未遂で「無期限停止」などの処分を下してきた。リング内の反則行為などに対しては極めて重い処分となったが、斉藤委員長は「前途のある選手。1年間やれなくても、まだ19歳。苦労を今後に生かしてほしい」と再起も期待した。

 練習は可能だが、1年間のブランクは重い。60年代後半、当時全勝だった世界ヘビー級王者ムハマド・アリ(米国)が徴兵忌避、ベトナム戦争批判、公民権運動を通して米国の政敵となり、ライセンスと王座をはく奪。25歳2カ月から28歳9カ月までブランクを余儀なくされた。この3年7カ月の空白がなかったら、アリのキャリアもさらに輝いたといわれている。

 大毅の1年間も、同じだ。3試合は消化できる期間で、軽量級のSフライ級(リミット52.1キロ)を主戦場とするだけに、スピードが生命線。貴重な時間を失うことになる。亀田家がいま、崩壊の危機に直面した。


■ライセンス
 JBCが発効するもので、ボクサーライセンスがないと、国内のプロボクシングのリングには上がれない。JBCの実施するテストに合格し、身体検査に合格しなければならない。年齢制限は17歳以上36歳までとし、原則、37歳に達した時は自動的に失効するものとする。トレーナー、セコンドライセンスに大差はない。ボクサー出身者は初めての申請でもトレーナーライセンスを取得できる。



大毅が犯したとされる反則行為
 (JBC規則・第28章 ダウン及びファウル 第89条では次の条項をファウルとし、これを禁ずる=抜粋)
 〔1〕ベルトライン以下の攻撃(ローブロー)
 〔3〕故意にホールドやクリンチ、あるいはカバーリングアップを続けること
 〔4〕頭、肩、前膝、肘を相手に衝き当てること(バッティング)
 〔5〕咽喉を締めたり、腕または肘で相手の顔を圧したり、足を掬ったり蹴ったり、膝で突き上げたり、あるいは抱きつき、抱え投げ、引っ張り、引き倒したりすること(レスリング)
 〔8〕グローブの親指の部分で相手の目を突くこと(サミング)



■処分
 JBC規則第9条は「JBCルールに違反し、法律に抵触し、その他ライセンスを交付される資格に欠けると裁定された場合には、JBCからライセンスの取り消し、一定期間停止、その他の処分をされる」と定めている。JBCは大毅の反則行為が、この第9条に抵触すると判断した。同第67条では「故意の反則、悪質なルール違反等をしたボクサーは、第9条に基づき処罰される」としている



史郎氏のコメント
自分が受けた処分には納得しています。
自分と大毅はこの反則行為に関しても深く反省しております。
ただ段階的に考えてもいきなり1年間のライセンス停止処分は重いものではないでしょうか。
ボクサーとして成長期にある18歳の大毅にとって、1年間はあまりにも長いと思います。

★内藤はテレビ局ハシゴ生出演「この問題は今日で終わり」

 内藤はWBC世界フライ級王者・内藤は15日、タイトルマッチでの反則行為で大毅が1年間のライセンス停止処分を受けたことについて、「結果について何も言うことはない。この問題は今日で終わりにして、心機一転頑張ります」とコメントした。内藤はこの日、JBCを訪れ、再発防止の要望書を提出。その後は、在京テレビ局のフジテレビ、日本テレビ、TBSテレビなどに生出演。亀田側には「これからは、恨みっこなしで笑って過ごしたい。もうネチネチ言うつもりはない」と寛容な態度を示した。


■乱戦VTR
 何度も両者がもつれて転ぶなど見苦しさが目についた大荒れの試合となった。力量差は歴然で、内藤は顔面とボディーを打ち分けながら、手数と有効打で圧倒。採点通り、最大10ポイント差がつく圧勝を収めた。大毅はガードを固め、頭を下げて前進するだけで、無策すぎた。9回には、2人がもみ合うように転がり、内藤が大毅の後頭部に打撃を加える反則で1点減点。12回には大毅が内藤を2度、持ち上げて、投げるなどしたため減点3。大毅はローブロー、サミングなど複数の反則を犯し、世界戦で自ら試合を捨てるような行為を繰り返した。

スポンサーサイト

2007年10月16日 エンタメ トラックバック:0 コメント:0

<< “涙の女王”返上!チェ・ジウ、キャリアウーマン役でイメージ一新 | Newsエンタメ/デジタルTOP | 2007/10/16 サンスポ >>



Google












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。