スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

申し訳ございません…「HOTEL」4話で終了のナゼ

 赤坂容疑者といえば代表的な出演ドラマに「HOTEL」がある。シリーズ化されるほど人気のこのドラマ、赤坂容疑者が28日未明に逮捕される直前の26日までTBSで再放送されていたため、首都圏でドラマを見ていたファンは驚いた。

 再放送されていたのは第5シリーズ(1998年)で、午前9時55分からの再放送枠で22日から5日間にわたってオンエア。第1話(2時間スペシャル)を22日と23日に分け放送し、24日からは第2話以降を1話ずつ放送した。ところが全11話なのに、26日の第4話を最後に放送が終了。今週29日からは「渡る世間は鬼ばかり」に切り替わった。

 このため、「内偵捜査が進んでいるのを察知したジャニーズ事務所が事前に、TBSに放送を打ち切りを要請したのでは」との憶測が一時、放送業界に流れたが、TBSはこれを全面否定した。「すでに約3週間前から決まっていた編成で当初から第4話で終わる予定で、マスコミ各社にも事前告知している。再放送は編成の都合で連続ドラマを途中で終わらせることは珍しいことではない」としている。

 「HOTEL」は、ホテル「プラトン」を舞台に、高嶋政伸演じる主人公の熱血ホテルマン・赤川一平がさまざまなトラブルを毎回解決していくストーリー。赤坂容疑者は後輩のホテルマン、立花明役をさわやかに演じていた。第5シリーズは一平と明がハワイの系列ホテルを再建する内容だった。「姉さん、事件です!」という高嶋の決めゼリフで知られるこのドラマ。後輩役が事件の当事者となってしまうとは何とも皮肉だ。

スポンサーサイト

2007年10月31日 エンタメ トラックバック:0 コメント:0

<< 平田弥里の「恋の記憶」は…最新DVDで発見せよ! | Newsエンタメ/デジタルTOP | 赤坂晃、転落の影に大物女優…夫婦関係にも溝? >>



Google












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。