スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

鉄子サトエリ乗りノリ…番組で鉄道旅行のトリコに

 鉄道ブームが続く中、「鉄子」タレントに、女優の佐藤江梨子(25)も名乗りをあげた。目的地はなんと、地球最南端の大地・パタゴニア。ファン垂涎の鉄道旅行を番組でルポする。

 紹介するのは18日放送のテレビ東京系「世界秘境列車の旅 ~標高8000メートルのヒマラヤから地球最南端のパタゴニアまで」(午後8時)。佐藤は俳優、村上弘明(50)とペアでパタゴニアを目指す。

 2人が乗り込むのは、パタゴニア南西のチリ国境近くを走る「オールドパタゴニア急行」とパタゴニア南部のフエゴ島・ウシュアイアから運行する蒸気機関車「世界の果て列車」だ。

 これまで鉄道には特別興味がなかったという佐藤だが、「大人にまたげてしまうような線路幅で、特に『世界の果て列車』は小さくてかわいい列車でした」とすっかり鉄道通になった。

 氷河が広がるパタゴニアは、ペンギンなどが生息する自然の宝庫で、「ゾウアザラシの群れの印象が強烈でした!」と振り返る。

 「50頭のメスにオスはボスが1頭というハーレムで、その周囲にメスを狙うオスがまた数頭いるというような…なかなか(生存競争が)激しい環境なんですよ。村上さんが『まるで人間の縮図を見ているようだ』とおっしゃっていましたが、冷静に見られませんでしたね」

 佐藤は笑いながら話したが、聞きようによっては、かなり意味シン。まるで、かつての恋人、市川海老蔵(29)をめぐる女性たちとの相関関係みたい…なんて言うと、うがちすぎか。

 旅を終えた佐藤は、「大自然のきれいな風景や澄んだ空気の中で“心が戻る”ような感じがしました」と鉄道旅の醍醐味を語る。

 番組ではもうひとつの“鉄ちゃん”チームとして、片岡鶴太郎(52)、池上季実子(48)、賀来千賀子(46)のトリオが登場。ドラマ「男女7人夏物語」で共演して以来の仲良しが目指すのはヒマラヤ山脈。こちらも壮観な眺めだ。

スポンサーサイト

2007年11月09日 エンタメ トラックバック:0 コメント:-

<< “ポッチ”好きには堪りません…藤3人娘がヤバDVD | Newsエンタメ/デジタルTOP | 平田弥里、最新DVD「恋の記憶」で少女の気持ちを… >>

| このページの上へ |

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。