スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ライブできんわ…がんと闘うシンガー石野見幸さん逝く

 「ライブ、できんわ」-。末期の胃がんと闘いながらステージに立ち、8日にがん性腹膜炎のため35歳の若さで死去したジャズボーカリスト、石野見幸(いしの・みゆき、本名=美幸)さんはこう悔やんでいた。闘病中に最愛の父を失う悲しみに見舞われながらも歌い続けた石野さん。延命治療は拒んだが、歌への思いは変わらなかった。

 石野さんは幼い頃から胆管拡張症で入退院を繰り返した。それを克服しシンガーになったが、31歳でがんが判明し、胃の4分の3を摘出。昨年9月にがんが再発し、「余命1カ月」と宣告されたが、昨年12月に痛み止めを打ってディナーショーに出演し、3時間以上にわたり18曲を熱唱した。

 昨年末から抗がん剤治療治療を始め、今年元旦には自身のブログで≪夢も捨ててはいません。今年はブルーノートでライヴすること、二枚目のアルバム、そしてこうして出逢えた皆が幸せに過ごせる事!≫とファンに向けて新年の抱負を語り、「同じ境遇の人を元気づけたい」とテレビ取材などにも積極的に応じていた。

 だが、最愛の父が4月25日に脳卒中で亡くなったのだ。石野さんは5月5日のブログで≪私を世界で一番愛してくれた人がいなくなっちゃった≫とつづったが、ステージへの思いは変わらなかった。

 ≪まだ温かい父の力強い骨を拾い上げながら私はもう一度ステージに立とう、いや立たなければいけないと身体の奥深いところが震えたった≫

 そして、7月16日にブルーノート大阪に出演。これが最後のステージになった。10月17日にもステージが予定されていたが、体調が悪化し、中止となった。

 ≪皆さんに逢いたかったです。またきっとチャンスがやって来てくれるって信じています≫と10月10日のブログに記していたが、ファンへのメッセージもここで途絶えた。「ライブ、できんわ」と悔やんだが、石野さんは潔い死を望み、延命治療を拒む決断をしたのだという。

 死去した8日のブログに、≪最後の一年間は燃え尽きるように輝いていました。多くの皆さんに応援していただきありがとうございました≫と管理人がつづった。

スポンサーサイト

2007年11月10日 エンタメ トラックバック:0 コメント:-

<< 超過激軍団メンバー・織田真子は私服もコスチューム級 | Newsエンタメ/デジタルTOP | ソニーが矢沢永吉をBD録画再生機テレビCMに起用 >>

| このページの上へ |

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。