スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

桂銀淑容疑者「自分で使うために…」

 覚せい剤取締法違反(所持)の現行犯で逮捕された韓国出身の歌手桂銀淑(ケイ・ウンスク)容疑者(46)が、約3カ月前から内偵されていたことが27日、分かった。関東信越厚生局麻薬取締部は、桂容疑者が覚せい剤を使用しているという情報を得て、慎重に捜査を進めてきた。
 調べでは、26日午後5時すぎ、東京・港区の自宅マンションの捜索を桂容疑者立ち会いで開始。約1時間半の間に、寝室の枕元にビニール袋入りの覚せい剤2袋約0・6グラムとガラス製吸引パイプ2本を発見して押収。1つは携帯用灰皿に、もう1つはティッシュペーパーに包まれていた。覚せい剤が入っていたとみられる空のビニール袋も2つ見つかった。同部では、吸引パイプに何度も使用の形跡があることから、常用していた可能性もあるとみて調べている。28日には東京地検に送検し、覚せい剤の入手経路などについても詳しく調べる方針。
 桂容疑者は調べに対し、「自分で使うために持っていた」と供述。使用についても認め、「すみません」と話しているという。
 桂容疑者は、昨年に韓国から呼び寄せた母親(85)と2人暮らしだった。逮捕時には、CDの自分の曲が流れる部屋の中で、捜査員の質問に従順に対応していたという。持病を持つ高齢の母親を気遣いながら「母親には見られたくなかった」などと話しているという。

スポンサーサイト

2007年11月28日 エンタメ トラックバック:1 コメント:-

<< 2007/11/29 サンスポ芸能 | Newsエンタメ/デジタルTOP | 小田ひとみ、第5弾DVDはナチュラルな魅力全開! >>

トラックバックURL
http://ns07111.blog109.fc2.com/tb.php/550-5294c0d1

覚せい剤で逮捕!桂銀淑の転落人生

元光GENJIの赤坂晃や、三田佳子の次男が覚せい剤で逮捕されたのは記憶に新しいところですが、またまた覚せい剤で芸能人がタイーホされました。その人の名は桂銀淑。もちろん、落語家ではありません。。韓国出身の歌

2007年11月28日 高田大輝ブログ「ニュースいーたいほーだい」

| このページの上へ |

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。