スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

スクリーンでは…「宝塚の大物」和央ようかの艶技力

 東映の正月映画「茶々天涯の貴妃(おんな)-」(橋本一監督)で、元宝塚歌劇団宙組男役トップスター、和央ようか(39)が、戦国時代のヒロイン・茶々を演じている。“女優”デビュー作が映画初出演で初主演。宝塚史上屈指の大物スターはスクリーンに通用するか-。

 6年間、宙(そら)組の男役トップスターを務め、昨年7月2日の東京宝塚劇場のサヨナラ公演千秋楽ではファンが日比谷通りにあふれた。その数1万人ともいわれ、宝塚史上最高とも。退団後のコンサートも常に即日完売の人気ぶりだ。

 人気の秘密は誰に対しても自然体で気さくな人柄だろう。豊臣秀頼の出陣を止めに行くシーンを撮影中、全力疾走した。

 中学時代に陸上をやっていただけに走るのはお手の物なのだが、「現場がシーンとなって、あれ? って思っていたら、衣装係さんが来て『膝までハダけてます。こんな女優、見たことないです』って言われました」。

 男役から女優に転身した宝塚OGのだれもが所作や衣装に大きく戸惑うといわれる。

 和央の場合も同じテイクを繰り返したこともあったが、「舞台も『100回目を1回目と同じ新鮮さで臨む』という点ではすごく大変だった。人間、最後は気力だけだと思うので、『私にできない訳がない』と思い込む。本当にそれだけでやってきました」と潔い。

 茶々は母の敵・豊臣秀吉の側室となり、家康に攻められ炎に包まれた大坂城で子・秀頼と運命を共にした。戦国を駆け抜けたヒロインも、和央が演じると実に凛とした女性に仕上がった。

 「運命に立ち向かって精いっぱい、後悔のないように生きている。強いようで、弱いところもあるのが魅力的ですね」

 飾らず、さっぱりとした人柄で撮影現場でもスタッフの間にファンを増やした。「私は欠点いっぱいです。ボーッとしてるし。家にいる時の私を見せてあげたいです」。気分転換も「見てるか見てないか分からないテレビをつけてボーっとしている」と素顔をサラリと話してしまう。

 「私も茶々みたいに生きたいと思うし、勇気をもらえた。自分に正直で、自分と戦って、まわりにも真摯(しんし)に向かい合っているから応援したくなる。『こう生きましょうよ、世の女性!』という気がします」

スポンサーサイト

2007年12月25日 エンタメ トラックバック:1 コメント:-

<< 橋本愛実、DVD「Love Seed」を発売 | Newsエンタメ/デジタルTOP | エグゼモード、ハイビジョンのムービーカメラを2万5000円前後で >>

トラックバックURL
http://ns07111.blog109.fc2.com/tb.php/617-1c09a676

久々の舞台挨拶ラリー

12月は予定せず4週連続で舞台挨拶参戦となったが、その最後となる今日は、一日3本のラリーである。まずは『魍魎の匣』。ぴあで間違えて立ち見席を取ってしまい、後でゲット。...

2007年12月26日 お初にお目にかかります

| このページの上へ |

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。