スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

デジ受信機種、次々と 新モデル、放送局を自動探知

 今やカーライフの必需品となりつつある「カーナビゲーションシステム」。電子情報技術産業協会(JEITA)によると、昨年1~10月の出荷台数は360万台を超え、売り上げは好調に推移している。目的地まで道に迷うことなくたどり着けるのが人気の理由だが、助手席や後部座席の同乗者が、テレビ番組やDVDを楽しむことができるのも、魅力となっている。

 今、車に搭載されているカーナビのテレビはほとんどがアナログ方式のため、地デジ放送が完全移行する11年7月以降、見ることができなくなる可能性がある。地デジを受信できる機種も次々と発売されてはいるが、JEITAによると、昨年1~10月出荷台数は約60万台と17%程度にとどまっており、テレビや携帯電話と比べて普及していない。

 松下電器産業やパイオニアの業界大手は昨夏のモデルとして、県境を越えて放送局が変わってしまい、地上デジタル放送を受信できなくなっても、自動で放送局を探し出す新機種を発表。自動車メーカーも独自の地デジ対応カーナビを用意し、車購入時にオプションで取り付けられるようにした。

 さらに、各メーカーは地デジ完全移行後をにらみ、アナログ方式のカーナビでもテレビを見られるようにするため、専用チューナーの販売を始めている。しかし、10万円前後と高額となるほか、地方では民放を受信できないエリアもあるため、地デジ対応のカーナビを購入しても、民放を見るためには逆にアナログ用のチューナーを購入しなければならないなどの問題点もある。

 あるメーカーの広報担当者は「新規購入する際、都市部の利用者には、地デジ対応機種をお勧めするが、地方ではアナログ方式のまま地デジチューナーを購入してもらうしかないのが実情だ」と分析している。

地デジにワクワク 携帯・カーナビ、可能性無限大

 ◇地デジ、完全移行へ 2011年まで、あと3年

 ◇好調ワンセグ、検索機能発展--音楽に映像に「最高の道具」

 外出中のあなたが今、家で留守番をしている愛犬の様子を知りたくなったら--。そんな時には携帯電話で自宅に電話をかけ、自宅の居間に設置したカメラを作動させる。すると、携帯電話の画面には室内が映し出され、さらに番号キーを押して操作してカメラの方向を動かし、犬の姿をとらえる。

 これは決して未来の風景ではなく、NTT東日本が既にネットワークカメラ「クルリモ」を使って実用化しているサービスだ。「ひかり電話」や「Bフレッツ」加入者を対象に、自宅内のペットや子どもの様子をFOMA端末の携帯電話で確認できる。携帯電話からは自宅内に設置されたカメラを自由に操作でき、泥棒などが侵入した場合、センサーが作動してメールで知らせる防犯機能もある。

 幼いころ、誰もが夢見た世界が、現実のものになりつつある現在。携帯電話の機能は、空想を現実へと近づけつつある。

 例えば、最近の携帯電話の多くに搭載されている全地球測位システム(GPS)。これを使えば、携帯電話の検索機能はパソコンの検索機能よりさらに便利になる。

 これまで近くのコンビニエンスストアや銀行ATMを携帯電話の検索機能で探すのには、時間がかかった。GPSを使った検索機能では瞬時に自分がいる場所から最も近いコンビニエンスストアを探せるようになる。

 さらに昨年、携帯電話の機能を大きく向上させたのが地上デジタル放送を受信できる「ワンセグ」。売り上げも好調で、電子情報技術産業協会(JEITA)によると、昨年4月から9月までのワンセグ対応機の国内出荷台数は742万台と携帯電話全体の出荷台数の3割を占めた。


 NTTドコモは11月下旬から発売した最新の「FOMA905iシリーズ」のほぼ全機種にワンセグ機能を搭載した。同社の10月末現在のワンセグ対応機種の契約数はまだ、約5%の270万件。同社プロダクト&サービス本部長の辻村清行さんは「今はテレビを補完する役割しかないが、携帯専用の番組などが登場すれば、契約数は伸びるはずだ」と強気だ。同社が力を入れるのがワンセグ機能を含めた映像機能の充実。辻村さんは「テレビ電話機能や映画やアニメのダウンロードなどの映像機能には携帯電話のさらなる可能性が秘められている」と説明する。

 一方、携帯電話への音楽や映像の配信事業で成功しているKDDIは、携帯電話の持つ機能について、利用者がさまざまなことに興味を持つための「入り口」と位置づける。同社広報部は「パソコンと比べて容量は大きくないが、音楽や映像に興味を持つきっかけとしてはこれ以上の道具はない」と力を込める。

 ◇ワンセグとは-

 携帯電話など携帯端末向けの地上デジタル放送で正式名称は「ワンセグメント部分受信サービス」。地デジは電波を13帯域(セグメント)に分割して情報を送るが、そのうちの1帯域を使うため「ワンセグ」と呼ぶ。携帯電話と異なる電波を使うので、通話エリアでも受信できないこともある。まだワンセグ向け専用番組の放送は始まっていないが、08年以降、解禁される見通し。

スポンサーサイト

2008年01月07日 デジタル トラックバック:0 コメント:-

<< 大人の無防備セクシー! 原田麻衣、最新DVD悩殺 | Newsエンタメ/デジタルTOP | “第3世代”のデジタルカメラ――米カシオ、「EXILIM」2008年春モデルを発表 >>

| このページの上へ |

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。