スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

オヤジだフォークだ青春だ!熱く語るための検定本出版

 年末年始、歌を歌ったり聞いたりする場面は多かった。で、社会人4年生の記者は、カラオケに行くとよく思う。なぜオヤジたちはいつまでもフォークソングから離れられないのか? 昨年末に「フォーク検定」(ヤマハ・1470円)を出版した音楽評論家、富澤一誠氏に聞いてみた。

 「今、カラオケでもフォークは歌われ、かつてのフォーク歌手が新たなユニットを組んで年間60本コンサートするなど活動的。団塊の世代がコンサートに行き、青春時代の曲を聞いてまた歌う。フォークブーム熱が生まれている」と富澤さんも人気再燃ぶりを語る。

 「よしだたくろう(吉田拓郎)の『結婚しようよ』や井上陽水の『心もよう』、かぐや姫の『神田川』など、当時の自分の理想像だった。気持ちを代弁してくれる」と感情移入しやすいのが特徴のようだ。

 さらに、「今はヒットすれば何でもいいという世の中だが、フォーク好きには議論があった」と分析する。

 「拓郎好きと陽水好きが、最後はケンカになるくらい熱く語れる音楽です。フォーク好きには自分の知識を自慢したがる人が多い。常に論じたいのがフォーク好き」

 そんな議論の基礎となる知識の宝庫で、「音楽を熱く語るための“ネタ本”」(富澤さん)なのが「フォーク検定」だ。

 全320問で構成。4択や〇×クイズで「アーティスト編」「作品編」や、ギターの部品名を答えるようなマニアックな「ライブ&ムーブメント編」、さらに「フォーク博士・検定評論編」と難易度が徐々にアップしていく。各問には難易度と配点が設定され、自分のレベルをはかれる。

 「アニメや日本語、映画など検定にもいろいろあるが音楽ではクラシックやジャズぐらい。ロックのファンは活字よりも大きな声で歌いたい。その点フォーク好きは論じることが好きだから活字との相性もいい」という。

 難問になればなるほど悔しがるのもフォーク好きの特徴。「われわれは受験勉強で鍛えられた世代。試験には教科書が必要です」といういうわけで「フォーク名曲事典300曲」(同、2940円)も同時発売した。

 1966年のマイク真木「バラが咲いた」から81年、中島みゆきの「悪女」まで、“はずせない300曲”を挙げ、アーティストへのインタビューや名曲誕生秘話、当時の関係者の証言、今だから話せる裏話などを当時のジャケット写真とともに紹介。フォーク好きにはたまらない1冊だ。

 富澤さんは、「名曲事典でしっかり勉強してから検定をやれば、自慢できますよ」とアピールしたうえで、こう締めくくった。

 「今のヒット曲は饒舌で、いうならば散文詩。フォークは言いたいことが凝縮されていて言葉を絞っている短歌のようなもの。名曲は永遠ですから、これからも歌い続けられるでしょう」

 さあ、お父さんたちも新春の腕試しに-。

スポンサーサイト

2008年01月08日 エンタメ トラックバック:0 コメント:-

<< 双子美少女・奈津子と亜希子を最新DVDで“解剖” | Newsエンタメ/デジタルTOP | 大人の無防備セクシー! 原田麻衣、最新DVD悩殺 >>

| このページの上へ |

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。