スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

工人舎のミニノートに光学ドライブ搭載モデルが登場

 工人舎は、A5サイズのモバイルノートPC「KOHJINSHA SR」シリーズを1月18日より順次発売する。2色のカラーバリエーションとMicrosoft Office Personal 2007の有無で4モデルがラインアップされており、Officeが付属しない「SR8KP06A」(ブラック)と「SR8WP06A」(ホワイト)が13万9800円、Officeが付属する「SR8KP06F」(ブラック)と「SR8WP06F」(ホワイト)が15万9800円。発売日は、ブラックモデルが1月18日、ホワイトモデルは1月中旬だ。

 SRシリーズの最大の特徴は、同社のモバイルPCで初めて光学ドライブを搭載した点。ディスプレイのヒンジ部分が回転する7インチワイドのタッチパネル液晶など、従来シリーズの特徴を継承しつつ、本体右側面に2層対応のDVDスーパーマルチを備えた。

 そのほかの主なスペックは、CPUがIntel A110(800MHz)、チップセットがIntel 945GU Express、メモリ1Gバイト(PC2-3200モジュール×1)、HDDが60Gバイト。DVDスーパーマルチを搭載したことにより、本体サイズと重量のバランスから従来の2.5インチHDDではなく1.8インチHDDを採用したのが目を引く。1.8インチHDDは低消費電力というメリットがある一方で、容量や性能については一歩後退した印象だ。

 機能面ではワンセグ対応TVチューナーや130万画素Webカメラの内蔵など、SHシリーズを踏襲しており、ネットワーク機能も有線LAN(100BASE-TX/10BASE-T)に加えて、IEEE802.11g/b準拠の無線LANとBluetooth 2.0+EDRを備える。

  本体サイズは、233(幅)×177(奥行き)×33(高さ)ミリ。重量は約1.1キロ。SHシリーズ(HDDモデル)に比べて、幅が6ミリ、奥行きが7ミリほど大きくなり、重量も107グラム増えている。一方、バッテリー駆動時間は、標準バッテリー(11.1V/2600mAh)で約4時間、別売の大容量バッテリー(11.1V/5200mAh)で約8時間(公称値)と、SHシリーズの約3.1時間(標準バッテリ使用時)/約7時間(大容量バッテリ使用時)に比べて長くなった。OSはWindows Vista Home Premium。

スポンサーサイト

2008年01月08日 デジタル トラックバック:0 コメント:-

<< エプソンダイレクト、「Endeavor AT970」を値下げ――Vistaモデルの値引きキャンペーンも実施 | Newsエンタメ/デジタルTOP | ソニー、スペックを強化した「VAIO type L」春モデル >>

| このページの上へ |

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。