スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ソニー、スペックを強化した「VAIO type L」春モデル

 ソニーは、液晶一体型のボードPC「VAIO type L」の春モデルを1月19日より発売する。価格はオープンプライス。OSはWindows Vista Home Premium。また、Office Personal 2007がプリインストールされる。

 筐体デザインは前モデルを継承し、全モデルでCPU/HDD/メモリなど基本スペックを強化。地上デジタルTVチューナ搭載モデルは録画番組のコピー9回+ムーブ1回可能な「ダビング10」に対応予定。

 Blu-ray Disc(BD)対応編集ソフトを従来の「Click to DVD BD」から「Click to Disc」に変更。BD-Jに対応し、映像や写真などを編集する際、JavaアプリをBDディスク内に同梱し対応プレーヤーなどでインタラクティブにコンテンツを楽しめる。Javaアプリは、日付ごとにまとめてカレンダー状に表示する「カレンダービュー」、現在再生中の映像の日付をチェックし、同日に撮影された写真や映像を小窓で再生する「シンクロ再生」などが用意される。

 また、これまでClick to DVDでは非対応だったAVCHD映像からのウィザード利用による「おまかせDisc作成」や、BD-Jディスクへの映像などの追記に対応した。

 Webカメラ搭載モデルでは、Skype利用時に音声を認識し、会話中からブログで話題の単語を拾い上げて画面に表示する「VAIO topic Visualizer」を搭載。画面に表示された単語は、関連したキーワードも同時に表示され、ワンクリックで検索できる。

●22型ワイド液晶搭載「VGC-LT

 1,680×1,050ドット(WSXGA+)表示対応22型ワイドクリアブラック液晶を搭載した「VAIO type L 22型ワイド」シリーズは2モデルが用意される。

 上位モデル「VGC-LT81DB」は、CPUにCore 2 Duo T7500(2.20GHz)、チップセットにIntel PM965 Express、GPUにNVIDIA GeForce 8400M GT(256MB)、BDドライブを搭載。店頭予想価格は33万円前後の見込み。


 下位モデル「VGC-LT71DB」は、CPUにCore 2 Duo T7250(2GHz)、チップセットにIntel GM965 Express(ビデオ機能内蔵)、DVDスーパーマルチドライブを搭載し、店頭予想価格は28万円前後の見込み。

 そのほかの主な仕様は共通で、メモリ2GB(1GB×2/最大4GB)、HDD 500GB、地上デジタル/アナログTVチューナを搭載する。

 インターフェイスはUSB 2.0×5、IEEE 1394(4ピン)×1、Type2 PCカードスロット、ExpressCard/34スロット、メモリースティック(PRO)/メモリースティックデュオ(PROデュオ)対応スロット、SDカード/MMC対応スロット、IEEE 802.11a/b/g/nドラフト対応無線LAN、Gigabit Ethernet、56Kモデム、Sビデオ入力、S/PDIF出力(角型)、131万画素Webカメラ、音声入出力などを備える。

 本体サイズは約643×178×418mm(幅×奥行き×高さ/最小傾斜時)、重量は約9.7kg。FeliCaポート搭載ワイヤレスキーボード、ワイヤレスマウスが付属する。

 直販専用の「VAIO・OWNER・MADE」モデルはBTOに対応し、CPUにCore 2 Duo T9300(2.50GHz)を搭載可能なほか、HDD/メモリなどを選択できる。最低受注価格は179,800円から。

●19型ワイド液晶搭載「VGC-LM

 1,440×900ドット(WXGA+)表示対応19型ワイドクリアブラック液晶を搭載した「VGC-LM」は3モデルが用意される。

 最上位モデル「VGC-LM71DB」の店頭予想価格は26万円前後の見込み。主な仕様は、CPUにCore 2 Duo T7250、チップセットにntel GM965 Express(ビデオ機能内蔵)、メモリ2GB(1GB×2/最大4GB)、HDD 500GB、DVDスーパーマルチドライブ、地上デジタルTVチューナを搭載。

 インターフェイスはUSB 2.0×5、IEEE 1394(4ピン)×1、Type2 PCカードスロット、ExpressCard/34スロット、メモリースティック(PRO)/メモリースティックデュオ(PROデュオ)対応スロット、SDカード/MMC対応スロット、IEEE 802.11b/g無線LAN、Gigabit Ethernet、56Kモデム、S/PDIF出力(光角型)、131万画素Webカメラ、音声入出力などを備える。

 本体サイズは約574×169×376mm(同)、重量は約8.3kg。FeliCaポート内蔵ワイヤレスキーボード、ワイヤレスマウスが付属する。

 直販専用の「VAIO・OWNER・MADE」モデルはBTOに対応し、CPU/HDD/メモリなどを選択できる。最低受注価格は169,800円から。

●15.4型ワイド液晶搭載「VGC-LJ

 1,280×800ドット(WXGA)表示対応15.4型ワイド液晶を搭載した「VGC-LJ」は、新カラーにブレイジングレッドを追加し、計2機種4モデルがラインナップされる。

 HDD 200GB、地上デジタルTVチューナを搭載した最上位モデル「VGC-LJ51DB/B」(コスミックブラック)の店頭予想価格は19万円前後の見込み。

 VGC-LJ51DB/BからHDDを160GBに変更し、TVチューナを省いた下位モデル「VGC-LJ51B」の店頭予想価格は16万円前後の見込み。本体カラーはブレイジングレッド、エバーホワイト、フロスティピンクが用意される。

 そのほかの主な仕様は共通で、CPUにCeleron 540(1.86GHz)、チップセットにIntel GL960 Express(ビデオ機能内蔵)、メモリ1GB(512MB×2/最大2GB)、DVDスーパーマルチドライブを搭載。

 インターフェイスはUSB 2.0×5、IEEE 1394(4ピン)×1、Type2 PCカードスロット、ExpressCard/34スロット、メモリースティック(PRO)/メモリースティックデュオ(PROデュオ)対応スロット、SDカード/MMC対応スロット、IEEE 802.11b/g対応無線LAN、Gigabit Ethernet、モデム、131万画素Webカメラ、S/PDIF出力(角型)、FeliCaポート、音声入出力などを備える。

 バッテリはリチウムイオンで、駆動時間はVGC-LJ51DB/Bが約2時間、VGC-LJ51Bが約2.5時間。本体サイズは約486×135×313mm(同)、重量は5.3kg。

 直販専用の「VAIO・OWNER・MADE」モデルはCPU/HDD/メモリ/OSなどを選択できるほか、限定カラーの「プレシャスゴールド」が用意される。最低受注価格は119,800円から。

2008年01月08日 デジタル トラックバック:0 コメント:-

双子美少女・奈津子と亜希子を最新DVDで“解剖”

 「美少女双子姉妹」ドラマ・バラエティなどで活躍するタレント、奈津子(18)と亜希子(18)がこのほど、最新DVD「with」(リバプール、3990円)を発売した。

 双子の元気美少女の2人。今回は双子の2人がどれだけ似ているのか検証する実験的な映像も収録。同じ質問にどう答えるか、沢山の水着の中から同じものを選ぶか、などの企画も満載だ。

2008年01月08日 エンタメ トラックバック:0 コメント:-

オヤジだフォークだ青春だ!熱く語るための検定本出版

 年末年始、歌を歌ったり聞いたりする場面は多かった。で、社会人4年生の記者は、カラオケに行くとよく思う。なぜオヤジたちはいつまでもフォークソングから離れられないのか? 昨年末に「フォーク検定」(ヤマハ・1470円)を出版した音楽評論家、富澤一誠氏に聞いてみた。

 「今、カラオケでもフォークは歌われ、かつてのフォーク歌手が新たなユニットを組んで年間60本コンサートするなど活動的。団塊の世代がコンサートに行き、青春時代の曲を聞いてまた歌う。フォークブーム熱が生まれている」と富澤さんも人気再燃ぶりを語る。

 「よしだたくろう(吉田拓郎)の『結婚しようよ』や井上陽水の『心もよう』、かぐや姫の『神田川』など、当時の自分の理想像だった。気持ちを代弁してくれる」と感情移入しやすいのが特徴のようだ。

 さらに、「今はヒットすれば何でもいいという世の中だが、フォーク好きには議論があった」と分析する。

 「拓郎好きと陽水好きが、最後はケンカになるくらい熱く語れる音楽です。フォーク好きには自分の知識を自慢したがる人が多い。常に論じたいのがフォーク好き」

 そんな議論の基礎となる知識の宝庫で、「音楽を熱く語るための“ネタ本”」(富澤さん)なのが「フォーク検定」だ。

 全320問で構成。4択や〇×クイズで「アーティスト編」「作品編」や、ギターの部品名を答えるようなマニアックな「ライブ&ムーブメント編」、さらに「フォーク博士・検定評論編」と難易度が徐々にアップしていく。各問には難易度と配点が設定され、自分のレベルをはかれる。

 「アニメや日本語、映画など検定にもいろいろあるが音楽ではクラシックやジャズぐらい。ロックのファンは活字よりも大きな声で歌いたい。その点フォーク好きは論じることが好きだから活字との相性もいい」という。

 難問になればなるほど悔しがるのもフォーク好きの特徴。「われわれは受験勉強で鍛えられた世代。試験には教科書が必要です」といういうわけで「フォーク名曲事典300曲」(同、2940円)も同時発売した。

 1966年のマイク真木「バラが咲いた」から81年、中島みゆきの「悪女」まで、“はずせない300曲”を挙げ、アーティストへのインタビューや名曲誕生秘話、当時の関係者の証言、今だから話せる裏話などを当時のジャケット写真とともに紹介。フォーク好きにはたまらない1冊だ。

 富澤さんは、「名曲事典でしっかり勉強してから検定をやれば、自慢できますよ」とアピールしたうえで、こう締めくくった。

 「今のヒット曲は饒舌で、いうならば散文詩。フォークは言いたいことが凝縮されていて言葉を絞っている短歌のようなもの。名曲は永遠ですから、これからも歌い続けられるでしょう」

 さあ、お父さんたちも新春の腕試しに-。

2008年01月08日 エンタメ トラックバック:0 コメント:-

大人の無防備セクシー! 原田麻衣、最新DVD悩殺

 テレビCM「モバイトドットコム」で人気急上昇中のグラビアアイドル、原田麻衣(24)がこのほど、最新DVD「My Mai」(ラインコミュニケーションズ、3990円)を発売した。

 身長160センチ、B85・W59・H86のナイスバディー。神戸出身で声楽学科卒、特技はピアノ、クラリネットというお嬢様系の原田。今回のテーマは大人の無防備セクシー。完熟ボディをゆるゆるシャツや男性用タンクトップ、バスローブから大胆にのぞかせて、ナチュラルなのに溢れる出す誘惑オーラ。女性らしい豊かで柔らかなラインを保ちながらも、締まるべき所の締まったバイオリンボディー。恋人視点で密着カメラ。可愛い声に優しい笑顔で親密感いっぱいに迫る。

2008年01月08日 エンタメ トラックバック:0 コメント:-

デジ受信機種、次々と 新モデル、放送局を自動探知

 今やカーライフの必需品となりつつある「カーナビゲーションシステム」。電子情報技術産業協会(JEITA)によると、昨年1~10月の出荷台数は360万台を超え、売り上げは好調に推移している。目的地まで道に迷うことなくたどり着けるのが人気の理由だが、助手席や後部座席の同乗者が、テレビ番組やDVDを楽しむことができるのも、魅力となっている。

 今、車に搭載されているカーナビのテレビはほとんどがアナログ方式のため、地デジ放送が完全移行する11年7月以降、見ることができなくなる可能性がある。地デジを受信できる機種も次々と発売されてはいるが、JEITAによると、昨年1~10月出荷台数は約60万台と17%程度にとどまっており、テレビや携帯電話と比べて普及していない。

 松下電器産業やパイオニアの業界大手は昨夏のモデルとして、県境を越えて放送局が変わってしまい、地上デジタル放送を受信できなくなっても、自動で放送局を探し出す新機種を発表。自動車メーカーも独自の地デジ対応カーナビを用意し、車購入時にオプションで取り付けられるようにした。

 さらに、各メーカーは地デジ完全移行後をにらみ、アナログ方式のカーナビでもテレビを見られるようにするため、専用チューナーの販売を始めている。しかし、10万円前後と高額となるほか、地方では民放を受信できないエリアもあるため、地デジ対応のカーナビを購入しても、民放を見るためには逆にアナログ用のチューナーを購入しなければならないなどの問題点もある。

 あるメーカーの広報担当者は「新規購入する際、都市部の利用者には、地デジ対応機種をお勧めするが、地方ではアナログ方式のまま地デジチューナーを購入してもらうしかないのが実情だ」と分析している。

続きを読む

2008年01月07日 デジタル トラックバック:0 コメント:-

“第3世代”のデジタルカメラ――米カシオ、「EXILIM」2008年春モデルを発表

 カシオアメリカは1月6日、米国ラスベガスで開催されているInternational CESのプレスカンファレンスで、デジタルカメラ「EXILIM」の米国2008年春モデルラインアップを発表した。

 会場でまず披露されたのは、世界最速の連写が可能なフラッグシップモデル「EXILIM PRO EX-F1」(関連記事:“世界最速”連写デジカメ――カシオ、EXILIM PRO「EX-F1」)。2007年8月にプロトタイプの技術発表(関連記事:カシオ、世界最速の“次世代デジタルカメラ”)がなされ、600万画素CMOSの最大記録画素数を保持したまま60枚/秒の超高速連写ができることや、超スロー映像の撮影が可能なことがアナウンスされていたが、今回の製品版発表ではビデオモードでのフルHD映像記録という特徴も備えていることが判明した。

 コンパクトモデルの「EXILIM CARD EX-S10」は、1000万画素クラスのデジタルカメラとして世界最小・最薄の約94.2(幅)×54.6×(高)×15(奥行き)ミリのボディサイズを実現した。手ブレ/被写体ブレの収まりや笑顔などに反応するオートシャッター機能を備えている。液晶サイズは2.7インチで、高輝度・高コントラストの「Super Clear LCD」を搭載。さらに動画はH.264とAACの映像/音声圧縮規格を採用することで、同規格を採用するiTunesへシームレスに動画を取り込むことが可能となっている。アメリカでの販売価格は249ドル。

 そのほか、同じくオートシャッター機能やH.264/AACをサポートした810万画素デジタルカメラ「EXILIM ZOOM EX-Z80」(199ドル)や、広角28ミリレンズを採用した1010万画素の「EXILIM ZOOM EX-Z100」(279ドル)、手ブレ補正機能を採用した1010万画素の「EXILIM ZOOM EX-Z200」(329ドル)をラインアップする。

 カシオ計算機の執行役員で開発本部 QV統轄部長の高島進氏はカンファレンスで、デジタルカメラの技術進化を3世代に分けて説明。LCDモニターを搭載した最初期が「第1世代」、ボディの薄型化やモニターの巨大化を図ってきた近年が「第2世代」とし、2008年モデルで搭載されたハイスピードシャッターやオートシャッター機能は「第3世代」の技術と位置づけた。また今後のマーケット拡大のために、新たな付加価値の提案が必要であることをアピールした。

続きを読む

2008年01月07日 デジタル トラックバック:0 コメント:-

SCE、新型PSP「PSP-2000」が「Skype」に対応、専用マイクロホンも発売

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は1月7日、新型PSP「PSP-2000」が、1月下旬に実施するアップデートで「Skype」に対応すると発表した。

 「PSP-2000」で利用できる「Skype」の機能は、「Skype」ユーザー同士の無料通話のほか、「Skype」クレジットを購入すれば、固定電話・携帯電話など一般回線とのコミュニケーションも可能。コンタクトリストの管理や、アカウント作成、SkypeOut設定、ボイスメール設定、転送設定など各種設定の確認や変更も行える。

 「Skype」を利用するには最新システムソフトウェアアップデートに加え、アカウント情報を保存するためのメモリースティックDuo、音声入力機器が必要になる。そのため、同社は専用の音声入力機器としてUSB接続型のマイクロホンを1月24日に発売する。価格は1個入りの「SINGLE PACKPSPJ-15010)」が2500円、2個入りの「TWIN PACKPSPJ-15011)」が4000円。

 本体サイズは50×10×10mmで、重量は約6g。なお、マイクロホンは「PSP-2000/1000」どちらでも利用できるが、「Skype」が利用できるのは新型PSP「PSP-2000」のみ。

続きを読む

2008年01月07日 デジタル トラックバック:0 コメント:-

篤姫好調20.3%、視聴率対決「あんみつ姫」下す

 6日スタートした宮崎あおい(22)主演のNHK大河ドラマ「篤姫」の平均視聴率が20.3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した。第1回の視聴率としては昨年の「風林火山」(21.0%)には及ばなかったものの、一昨年に仲間由紀恵(28)が主演した「功名が辻」(19.8%)を超え、まずまずの滑り出し。

 この日は、同時間帯にフジテレビ系「あんみつ姫」が放送され、若手女優としては宮崎のライバルでもある井上真央(20)が主演。14.6%と健闘した。

続きを読む

2008年01月07日 エンタメ トラックバック:0 コメント:-

あの携帯CMの杏さゆり、最新イメージDVDで魅せた

 携帯電話のテレビCMでセクシーな入浴シーンと可愛いい泣き顔を見せたアイドル、杏さゆり(24)がこのほど、最新DVD「Evolution」(リバプール、3990円)を発売した。

 身長164センチ、B83・W53・H88というナイスバディーの持ち主。DVDでは彼女の魅力がたっぷり楽しめるはず。

2008年01月07日 エンタメ トラックバック:0 コメント:-

モデルの薗田杏奈が両親を前に初DVD発売記念イベント

 モデルの薗田杏奈(19)が5日、東京・ソフマップ秋葉原アミューズメント館で初DVD「こんな、そんな、杏奈?」(イーネットフロンティア、3990円)の発売記念イベントを行った。

 ファンイベントは初めてで客席には応援で駆けつけた両親がおり「お客さんが3人しか来ないかも、と言ったら、お父さんが『新人なんだからどんなことがあっても杏奈らしくがんばりなさい、緊張してのぞみなさい』って」と初々しい笑顔。

 11日スタートのテレビ東京系「紅蓮女(ぐれんおんな)」(金曜深夜0・12)で女優デビューするが「演技は奥が深くて深くて面白いです」と早くも女優開眼していた。

続きを読む

2008年01月06日 エンタメ トラックバック:0 コメント:-

| Newsエンタメ/デジタルTOP |

前のページ« | このページの上へ |» 次のページ

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。